おねえさんとなつやすみ

本日は、『おねえさんとなつやすみ』を読んだ感想ネタバレをご紹介!

デッカイおっぱいのお姉さんと少年のエロエロのシチュエーションのエロ漫画!抜いて抜いて抜きまくれ!

101052560_BookLiveコミック【AC】おねえさんとなつやすみ※スマホ専用
無料試し読みは画像をタップ♪

おねえさんとなつやすみ ネタバレ

少年は、10歳ほど年上のお姉さんを見てフル勃起してしまった。異性を意識し始めた年頃で頻繁にちんちんが反応する年頃になっていたのだ。

そのお姉さんは、かなりの美人で少年にとっては大人の色気が漂うお姉さんであった。

少年の宿題を見てくれていたお姉さんの印象的な姿は、プルンプルンに発達した大きな大きなおっぱいの谷間だった。

少年は、お姉さんのおっぱいを見てチンチンが勃起し性を意識した始めた。

ある日、彼はお姉さんがお風呂に入ろうとしているところをのぞき見してしまった。

101052560_BookLiveコミック【AC】おねえさんとなつやすみ※スマホ専用

少年は、胸の谷間を見るだけでは我慢できず裸を見てみたいという欲望に勝てなかったのであった。

しかし、のぞき見をしていると、それに気が付いたお姉さんに目が合ってしまい、お姉さんの裸を見る前に少年は逃げ出してしまった。

少年は、お姉さんに嫌われる思い、布団の中で悶々と考え込んでしまった。

深夜になり、家族が完全に寝静まったとき・・・

なんと、お姉さんが部屋に入ってきた、少年に先ほどの事を確認してきたので、少年は寝きながらお姉さんに謝った。

心の優しいお姉さんはなんと、いけないことと注意しつつも男の子だから仕方ないと許してくれた。

そして、少年に「一人でしたことある?」と聞いてから・・・

おもむろに上着を脱ぎ、黒いブラジャー姿になった。

101052560_BookLiveコミック【AC】おねえさんとなつやすみ※スマホ専用

そして、お姉さんは黒いブラジャーのホックに手をかけてブラジャーを外した・・・

そこには、程よく大き目なピンクの乳輪がエロいおっぱいがあった。

「うわぁー」

と、少年はむき出しのナマのおっぱいをみて驚きの声をあげた。

少年は、おっぱいを伝う汗が妙にエロくまじまじと目で追ってしまった。

「触ってもいいよ・・・」

と言われた少年は、お姉さんのおっぱいを鷲づかみにすると、おっぱいはとても柔らかく少年の指がおっぱいに沈み込んだ。

少年には大きすぎるおっぱいは手に収まらなかった。

101052560_BookLiveコミック【AC】おねえさんとなつやすみ※スマホ専用

少年におっぱいを揉まれてお姉さんも興奮したらしく、膝枕で少年を寝かして、やさしい声をかけながら彼のパンツを脱がした。

すると、包茎のチンポがずるりと姿を現した。

お姉さんは、皮が被ったチンポを握りしめ上下にシゴキ始めた。

101052560_BookLiveコミック【AC】おねえさんとなつやすみ※スマホ専用 少年は、お姉さんにチンポをさらけ出し恥ずかしかったが、ゾクゾクと押し寄せる快感には勝てず身を任せることにした。

お姉さんのやさしくチンポをしごく手が気持ちよく、大きなおっぱいを見て興奮している少年は行き良い良くザーメンを放出した・・・

 

それからというもの、少年の頭の中にはお姉さんのことでいっぱいになり、家族の目を盗んではお姉さんにおっぱいを見せてもらい、そして、チンポをしごいてもらった。

お姉さんとの行為は徐々にエスカレートし、お姉さんは皮が被った包茎のチンポを咥え込ベロベロとスケベにフェラチオすらするようになっていた。

手コキとは違う快感、口の中の粘膜と唾液が亀頭に絡み、お姉さんが口ですぼめ吸い上げフェラチオは絶品であった。

堪らず少年は、お姉さんの口内に大量の精子をぶちまけてしまった。

101052560_BookLiveコミック【AC】おねえさんとなつやすみ※スマホ専用

大量に口の中に出された精子をお姉さんはゴックンと飲み込み、それをみた少年は満足感と征服感で満たされた。

そんな、肉欲の日々をすごし夏休みが半分過ぎたころに、彼はお姉さんにプロポーズをした。

プロポーズをした夜に、少年とお姉さんは初めてのセックスをした。

「初めてもらっていい?」

と、お姉さんは少年に跨りゆっくりと自らのおマンコに少年のチンポをぶち込んだ。

お姉さんのおマンコは、手や口などとは別次元の気持ちよさでチンポ全体を今までに経験もしたことのない快感が少年の全身を襲った。

101052560_BookLiveコミック【AC】おねえさんとなつやすみ※スマホ専用

お姉さんが少年に跨り、腰を上下に振って振って振りまくり、声を出して感じた。

腰を振りながら、少年にファーストキスをし、互いに舌を絡ませ激しいセックスをした。

そして、少年はお姉さんにされるがまま、耐えきれず精子をお姉さんのおマンコにナマ中出しした。

そのまま、チンポを抜かずに今度は正常位でセックスをして2度目の中出しをした。

101052560_BookLiveコミック【AC】おねえさんとなつやすみ※スマホ専用

それからというもの二人は、夏休みがオン悪までセックスを何度も何度もした。

ひと気のない納屋の中、川辺などで、二人は野獣のようにセックスにおぼれた・・・

ねえさんとなつやすみ 感想

いやー・・・すごい作品でした!

何度言ってもお姉さんのおっぱいが素晴らしい!

大き目のピンクの乳輪がなんとも言えません。

そして、ナマフェラで口内射精で出された精子をゴックン!

ナマ中出しの2連発!

もう、すべてのシーンがエロすぎて最高でした。

抜くのに困ったらこの作品はとってもオススメですよ!

101052560_BookLiveコミック【AC】おねえさんとなつやすみ※スマホ専用
無料試し読みは画像をタップ♪